文字サイズ

巨人、育成のアダメスを支配下契約 救援陣さらに分厚く

支配下契約を締結し、津崎国際部長(左)と握手を交わすアダメス=千葉市内のホテル
1枚拡大

 巨人は16日、育成のサムエル・アダメス投手(23)と支配下選手契約を締結したことを発表した。年俸は5万6000ドル(約620万円)で背番号は昨季、篠原がつけていた「92」(金額は推定)。ドミニカ共和国出身で今季が3年目。2軍では守護神を務め、ここまで19試合に登板し1勝1敗11セーブ、防御率2・18の好成績を挙げ、支配下契約を勝ち取った。

 この日、千葉市内のホテルで行われた会見に出席したアダメスは「オハヨウゴザイマス」と日本語で切り出し「巨人に感謝の気持ちでいっぱいです」と思いを口にした。最速は157キロで「真っすぐとシンカーで打ち取っていくのが僕の武器」とアピールし「ペドロ・マルティネスを目標にしているので、彼に近づける投手になりたい」と目を輝かせた。

 巨人の支配下の外国人はこれでマシソン、カミネロ、ヤングマン、マギー、ゲレーロに続き6人目。15日にはゲレーロがコンディション不良のため登録抹消されている。2軍での好成績で1軍の戦力として白羽の矢が立った23歳。新たな戦力が加わり、救援陣はさらに分厚くなりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス