文字サイズ

オリックスが吉田正&マレーロ連弾で逆転

 5回、吉田正は右越えに同点ソロを放つ(撮影・山口登)
 5回、マレーロは左越えに勝ち越しソロを放つ(撮影・山口登)
2枚2枚

 「交流戦、阪神-オリックス」(5日、甲子園球場)

 1点を追うオリックスは五回2死から吉田正がメッセンジャーのフォークに体勢を崩されながらも右翼スタンドに運ぶ同点の9号ソロ。

 「打ったのはフォークです。少しバットの先だったんですが、前でうまくさばけました。アルバースががんばっていますし、なんとか追いつくことができてよかったです!」

 続くマレーロは追い込まれながら139キロを左翼スタンドへ弾丸ライナーで運ぶ10号ソロで再び勝ち越した。

 「少し打球が低かったけど、しっかりととらえることができたから、なんとかいってくれると思ったよ。マサタカが打ったし、続くことができてよかったよ!」

 オリックスは初回に小谷野の適時二塁打で先制したが、四回に逆転を許していた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス