文字サイズ

オリックス金子、やっと今季初勝利 7度目の先発は6回2安打1失点

 「楽天2-5オリックス」(23日、楽天生命パーク宮城)

 オリックスの金子は6回2安打1失点。今季7度目の先発で初勝利(4敗)。チームも今季2度目の3連勝で、借金返済まであと1勝となった。

 金子は安定した投球で五回1死まではノーヒット。この回守備の乱れ(2失策)があって1点を失ったが、後続を断って最少失点に抑えた。

 打線は初回1死三塁から吉田正の二ゴロ失策の間に先制。五回には宮崎の1号ソロで加点すると、七回には細川の捕逸で1点を加えた。九回には2死三塁から途中出場の福田が右前適時打を放つなど、2点を奪い、リードを広げた。

 3点差となった九回は守護神・増井が3人で締めて11セーブ。

 楽天・先発の美馬は6回4安打2失点も打線の援護なく、5敗目。今季初勝利が遠い。

 打線は五回ウィーラーの三ゴロ失策、内田の右前打などで2死一、二塁とすると代打・藤田の遊ゴロを安達失策で1点をかえした。七回には内田の左越え4号ソロで再び1点差に迫った。

 しかし、1点差の九回に登板した松井も失点を重ね、チームは3連敗となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス