文字サイズ

ヤクルト・青木は打撲の診断 左膝への死球で病院直行

1回、死球を受け負傷退場するヤクルト・青木(手前)に声をかけるヤクルト・小川監督(後方)=神宮球場(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「ヤクルト-広島」(5日、神宮球場)

 ヤクルト・青木宣親外野手が、左膝に死球を受けて途中交代した。試合中に球場を離れ、都内の病院へ直行。レントゲンで骨に異常は見られず、打撲と診断された。

 初回2死の第1打席で大瀬良が投じた135キロのボールが左膝を直撃。一人では立ち上がれず、石井打撃コーチらの肩を借りながらベンチに引き揚げると、上田が代走に送られた。今季リーグトップ6個目の死球だった。

 病院からクラブハウスへ戻った青木は「めっちゃ痛かったけど、大丈夫です」と語った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス