文字サイズ

ヤクルト 育成選手の田川&大村を支配下登録

 ヤクルトは20日、育成選手だった田川賢吾投手(23)と大村孟捕手(26)を支配下選手登録した。新背番号は田川が「62」、大村が「59」で、年俸はともに500万円(推定)。

 田川は高知中央高から12年度ドラフト3位で入団。腰の故障などもあって、16年シーズン後に育成選手となった。1軍の公式戦登板はなく、2年ぶりの支配下復帰となる。

 今季のオープン戦では6試合に登板。189センチの長身から投げ下ろす直球を武器に、1勝1セーブを挙げていた。「また支配下登録に戻ることができたので、これから1軍で活躍します」と飛躍を誓った。

 大村はBC石川から16年度育成ドラフト1位で入団。今季はキャンプ途中から1軍に帯同していた。「やっと1軍の戦力として権利をもらえたので、またあらためてスタートだと思って頑張っていきます」と意気込みを明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス