文字サイズ

中日が外国人捕手と育成契約 支配下登録なら27年ぶりの快挙

 中日は2日、キューバ出身のアリエル・マルティネス捕手と育成選手として契約することを発表した。

 21歳のマルティネスは、190センチ、95キロの大型捕手。キューバリーグでは一塁や外野も守っている。右投げ右打ちで背番号は210。

 これまで外国人が捕手として支配下選手登録されたのは、直近で1991年にロッテのマイク・ディアズがいる。89年に外野手として入団し、91年だけ捕手登録された。2013年にDeNAのテストを受け、育成でケビン・モスカテル捕手が2年間在籍したが、支配下登録されることはなかった。今季中にマルティネス捕手が支配下登録されれば約27年ぶりの外国人捕手となる。

 阪神の新外国人、ウィリン・ロサリオ内野手は、大リーグ時代に捕手として活躍した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス