文字サイズ

元西武・片平晋作氏が膵臓癌で死去 現役時代は一本足打法で活躍

西武コーチ時代の片平晋作さん=1992年
2枚

 西武は22日、元2軍監督の片平晋作氏が膵臓癌のため、同日午前9時58分に死去したことを発表した。68歳だった。

 片平氏は上宮高校から東京農大を経て、71年にドラフト4位で南海に入団。82年に西武、87年には大洋(現DeNA)に移籍し、89年に現役を引退した。

 王貞治氏そっくりの一本足打法で活躍。通算18シーズンプレーし、打率・274、176本塁打、601打点をマークした。

 引退後は西武に戻り1軍打撃コーチ、2軍打撃コーチ、2軍監督も務めた。

 通夜・告別式は未定。後日、球団から発表される。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス