文字サイズ

日本ハム・清宮 2800人のファンにあいさつ「今日から鎌ケ谷市民になりました」

ファンとの交流会でタッチをしながら退場する日本ハム・清宮幸太郎=鎌ケ谷(撮影・出月俊成)
新入団選手歓迎式典でファンとタッチを交わしながら入場する日本ハム・清宮幸太郎=鎌ケ谷(撮影・出月俊成)
2枚2枚

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実=ら新人7選手が14日、千葉県鎌ケ谷市のファイターズタウン室内練習場で行われた「2018年 新入団選手歓迎式典・交流会」に出席。大谷が新人時代に参加した13年の1400人を超え、2800人のファンが集結した。

 “清宮フィーバー”はとどまることを知らない。午前9時に250台の駐車場が満車となり、臨時で準備した梨園や中学校の駐車場も相次いで満車。50人の警備員が配備され、東武鉄道・鎌ケ谷駅からは臨時バスが運行。午後2時から始まった歓迎式典では室内練習場に約2000人、入場できなかった約800人のファンは球場内の内野席に陣どった。

 清宮は「今日から鎌ケ谷市民になりました。1日でも早く活躍できるように、この場所から一歩一歩がんばりたいと思います」とあいさつ。ファンから将来的に取りたいタイトルを問われ、「三冠王」と高らかに誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス