文字サイズ

ロッテ・二木PRは活躍で!鹿児島県霧島市の観光大使就任

 「西郷どん」Tシャツを着てキャッチボールをする二木
1枚拡大

 ロッテ・二木康太投手(22)が昨年末に出身地である鹿児島県霧島市の「第11代おじゃんせ霧島大使」に任命されていたことが13日、分かった。この日、ZOZOマリンの室内練習場で自主トレを公開。昨年末から故郷・鹿児島で大谷、阿部とともにトレーニングをし、12日に帰京したばかりの右腕は「年末に観光大使になりました」と明かした。

 「10人くらいいて、そのうちの1人です」というが、昨季は7勝9敗でチームの勝ち頭。観光大使には横綱・白鵬も名を連ねている。プロでの実績が評価されてのものだ。

 自主トレでは「西郷どん」Tシャツを着て体を動かした。開幕投手の有力候補で、「目指してやっていきます」と宣言。「ボクが活躍することで(鹿児島の)PRができればいい」やる気に自覚。今季の二木が楽しみだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス