文字サイズ

オリ契約解除の奥浪、トライアウトでノーヒット

視察する(左下から)阪神・久保田スカウト、高野栄一球団本部長、藪恵壹氏(右上)=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
元楽天・加藤正志の前に空振り三振に倒れる前オリックス・奥浪鏡。捕手は前オリックス・赤松幸輔=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
大勢のファンがつめかけた12球団トライアウト=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 「プロ野球12球団合同トライアウト」(15日、マツダスタジアム)

 自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の疑いで書類送検され、オリックスから8月に契約解除された奥浪鏡内野手(22)も参加したが、快音を響かせることはできなかった。

 1打席目は三飛、2打席目は空振り三振、3打席目は四球、4打席目は三ゴロ。守備では三塁と一塁を守った。

 奥浪は運転免許停止中の5月22日に大阪市内で乗用車を運転。その際、2人乗りのバイクと接触事故を起こし、球団から無期限の謹慎処分を言い渡され、その後、シーズン終了を待たず契約解除されていた。

 2014年度ドラフトで岡山・創志学園高から6位でオリックスに入団。昨季は1軍で15試合に出場したものの、今年は1軍出場がなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス