文字サイズ

日本ハム・中田、FA権行使せず残留「覚悟決めて頑張りたい」【一問一答】

FA権を行使せず残留を表明した日本ハム・中田=札幌市内の球団事務所
1枚拡大

 日本ハム・中田翔内野手(28)が14日、札幌市内の球団事務所で国内FA権を行使せず残留を表明した。会見では以下の通り述べた。

 (自ら切り出し)「この期間、有意義に過ごせましたし、いろんな方といろんな話ができました。最終的には家族としっかり話をして、こういう決断を下したので、まあ、スッキリというかまた、一から頑張らないといけないなという気持ち」

 -北海道のファンからの残留要請も多かったが。

 「終盤にはファンの皆さんがプロ野球選手、中田翔を応援してくれて、応援してくれる人たちのために頑張りたいと素直に思いました。ファンの人たちが掲げてくれた(『お前が必要、中田翔』と書かれた)横断幕が、すごく心の底からうれしかった。そういう気持ちを持ってくれてるファンの皆さんをこんな簡単に裏切っていいのかというふうに自分の中でこの期間、考えました」

 -球団との交渉では。

 「球団側からはありがたいことに『また、優勝しよう』という、お前が必要だという言葉もかけていただきました。そういう言葉をかけてくださった球団には感謝しています」

 -来季に向けての決意は。

 「来シーズン結果を残して、チームのみんなで、全員で力を出して優勝、日本一を目指してやるだけ。今はそれだけ。勝ちたいですし、個人的にもチームとしても、覚悟を決めて頑張りたい」

 -大谷翔平投手が米大リーグ挑戦を表明した。

 「翔平がいなくなるのはチームにとってもすごく大きな穴ができてしまうのかもしれないですけど、これまでもそこをみんなで力を合わせて乗り越えてやってきたチーム。何も心配してないですし、逆に翔平の代わりにやってくれるようなピッチャーが出てくると思う。僕は心配していない」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス