文字サイズ

大谷 メジャー移籍【一問一答・2】「二刀流を諦めることはない」

笑みを見せ報道陣の質問を聞き入る日本ハム・大谷翔平=日本記者クラブ(撮影・棚橋慶太)
着席する日本ハム・大谷翔平=日本記者クラブ(撮影・棚橋慶太)
風邪のため会見中にせき込む日本ハム・大谷翔平=日本記者クラブ(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 日本ハムの大谷翔平投手が11日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見し、今オフにポスティングを利用してメジャー移籍することを正式に発表した。大谷の主な一問一答は次の通り。

 -対戦したい打者、投手は。

 「実名を挙げていい選手ではないと思っているので、まずはその位置までレベルを上げていくことが大事」

 -なぜこのタイミングでの移籍なのか。

 「自分はまだまだ不完全な選手だと思っているので、その状態の中でぜひ行ってみたかった。高校を卒業した時も、同じそういう気持ちだった」

 -二刀流については米国で投手として来てくださいということなら投手で、それとも二刀流で行くのか。

 「そういう環境があるのかないのか、聞いてみないと。やらせていただけないと挑戦できない。自分の気持ちだけじゃできない。少数の人しか、思い描いていなかったと思うが、期待してくれている人がいるので、その人たちの分、頑張っていきたい。二刀流をやってきてよかったし、おもしろい部分があった。諦めることはない。まずは球団の方に話を聞いてみたい」

 -メジャーでの目標は。

 「野球をやっている以上は一番の選手になりたい。ファンの方々から、彼が一番だと言ってもらうのが選手にとって一番幸せだと思う。そういう選手を目指して頑張りたい」

 -ワールドチャンピオンが目標なのか。

 「世界一の選手を目指すにはそこはぜひ経験したい」

 -メジャー挑戦に当たって話を聞いた選手はいるのか。

 「ダルビッシュさんには一緒にトレーニングさせてもらったし、田中賢介さんからも。代理人が決まった時も青木宣親さんから連絡をもらった」

 -具体的にメジャーが近くなった場面はあるのか。

 「子どものころからテレビで見てきた。自分も行ってみたいと思っていた。高校に入学した時に初めて声をかけてくれた人もメジャーのスカウトの人だったので」

 -野球選手として一番、自信を持っているところは。

 「自分が決めたことに対して、そこに向かっていく、自分を持って行けるところ。そこには自信がある」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス