文字サイズ

日本ハム・大谷 メジャーでも二刀流継続明言「世界一の選手になりたい」

会見でメジャー挑戦への思いを語る日本ハム・大谷翔平=東京・日本記者クラブ(撮影・開出牧)
報道陣の質問に笑顔で答える日本ハム・大谷翔平=東京・日本記者クラブ(撮影・開出牧)
大勢の報道陣が詰めかけた会場に現れた日本ハム・大谷翔平(左手前)=東京・日本記者クラブ(撮影・開出牧)
3枚3枚

 日本ハムの大谷翔平投手が11日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見し、今オフにポスティングを利用してメジャー移籍することを正式に発表した。

 「昨日、球団の方にポスティングによるメジャー移籍を自分の口から伝えまして、容認と温かい言葉をいただいたので来年以降、米国の方で頑張っていくことを報告させていただきます」-。11月11日、午前11時。背番号と同じ「11」を並べたこの日、二刀流が米国へと羽ばたく決意を自らの口で述べた。

 グレーのスーツに身を包んだ23歳は、風邪をひいてのどの調子が悪いと謝罪しながらも、「本当にファイターズに入って良かった。感謝しかない。ファンの方も含めて5年間、ありがとうございました。来年以降も応援してもらえたらうれしい」と話した。

 移籍後の二刀流については、「そういう環境があるか分からないので聞いてみたい。自分としてはまだまだ足りない部分が多い選手と思っているのでもっと自分を磨きたい。そこに適している球団に行きたい」と、投打での可能性を探っていくことを明かした。

 その上で「日本球界にとって自分のやってきたことが役に立っているのか、自問自答してきたが、やってきて良かったと思っている。漠然としているが、個人的には5年間継続してきたものをさらに伸ばしたい。一番の選手になりたい。何をもって一番かは、はかりにくいが、ファンに彼が一番と言われるような選手を目指したい。ワールドシリーズに勝って世界一の選手になりたい」と目を輝かせた。

 日本ハムで5年間を過ごし、このタイミングでのメジャー移籍となったことについては、「心の片隅にメジャーに行きたいとあったが、それを考える余裕は正直なかった。昨年の優勝があってひとつの達成感があって、ちょっとずつ行きたい気持ちが大きくなった」と説明した。

 一方、メジャーで対戦したい打者、投手については、「実名を挙げていい選手ではないと思っているので、そのまで実力を上げていくことが大事。おこがましい。まずはその位置まで上がっていくために練習したい」と謙虚に話した。

 メジャー移籍については、昨オフに自主トレをともに行ったダルビッシュやチームメイトの田中賢介、同じ代理人となった青木宣親らからも助言を受けたという。

 大谷は10日に都内のホテルで、栗山英樹監督、竹田憲宗代表取締役社長ら球団首脳に「来季からMLBに活躍の場を移したい。夢を追いかけたい」と直接、メジャー移籍を申し入れた。日本ハムはポスティングシステムを利用しての移籍を承諾していた。

 すでに大谷は、代理人をメッツからFAになった青木やマーリンズの田沢らも担当するCAAスポーツの筆頭代理人、ネズ・バレロ氏に決めている。

 大谷の入団から5年間を見守ってきた栗山監督も10日に「まだまだ、僕が思っている大谷翔平の天井はこんなところではない。翔平はもっともっと前に進まないといけない。僕だけじゃなくて、メジャーでもみんなの度肝を抜く選手になることを信じている」と期待を寄せていた。

 大谷は岩手・花巻東高から2012年にドラフト1位で日本ハムに入団。通算5年間で、投手として85試合に登板、42勝15敗、防御率2・52。打者として403試合で48本塁打、166打点、打率・286の成績を残している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス