文字サイズ

ヤクルトがバーネット調査 元守護神、レンジャーズからFAに

 ヤクルト時代のバーネット 
1枚拡大

 ヤクルトが元守護神でレンジャーズからFAになったトニー・バーネット投手(33)の調査を行っていることが7日、分かった。レ軍側が来季契約の選択権を破棄したため、日米全球団との交渉が可能となっている。

 ヤクルトに在籍した2010年からの6年間で260試合に登板し12、15年には最多セーブのタイトルを獲得。15年オフにメジャー移籍。関係者によると、レンジャーズとは2年総額350万ドル(約4億3000万円)で契約していた。

 右腕は日本球界復帰も視野に入れており、球団関係者は「1人の候補ではある」と認める。ただし「米球団と争うというのは(金銭的に)容易ではない。見守りたい」と慎重な姿勢。他球団の動向や本人の意向も含めて、注視していく構えだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス