文字サイズ

ソフトバンク「最高の環境」巨人「高い評価伝えた」…清宮へ続々アピール

早実・清宮幸太郎
1枚拡大

 26日に開催されるNPBドラフト会議の目玉、早実の清宮幸太郎内野手(18)と国内プロ球団との面談が2日、都内で始まった。

 午前9時30分前にまずオリックスが訪問。続いてDeNA、ソフトバンク、西武の順で面談に臨んだ。

 面談に臨んだ各球団はそれぞれに球団の長所などをアピール。本人はもちろん、同席したラグビー・ヤマハ発動機監督で父の克幸氏、母にも熱く思いを訴えかけた。

 面談を終えたDeNAの吉田スカウト部長は「清宮君からは、筒香選手はどういう風にしてああなったのかというような事を聞かれた」といい、熱意は「伝わったと思う」と自信。清宮が憧れる王貞治氏が会長を務めるソフトバンクは、三笠球団統括本部本部長が面談。「12球団でも珍しい3軍制を敷いていて、最高の環境を提供できる」とアピールし、「じっくりいい環境の中で、いい選手、日本を代表する選手になってほしい」と訴えた。

 西武は渡辺SDが出馬し「うちは高校から入ってきた選手が多いので、レギュラー獲得していくまでのプロセスを説明していった。(中村や森など)いい例があるので」と手応え。また父の克幸氏からは、以前、西武の施設を見学したことがあったこと踏まえ、施設などについての質問があったことも明かした。「プロ志望届けを出したことで、12球団OKと思っている。ぜひともプロの世界に飛び込んできて欲しい」と呼びかけていた。

 巨人は岡崎スカウト部長、鹿取GMら5人が出席。岡崎スカウト部長は「清宮選手に対して巨人軍としては高く評価していると言うことを伝えました」と説明。施設などについて質問があったことから、それについて説明したという。清宮の印象については「今までは球場とかで遠くから見ていたけど、1メートルぐらいの距離で見るとすごく雰囲気がある。好青年だし、聡明な感じがしたし、自分の高校生の時と比べて素晴らしいなと」と絶賛。大リーグ挑戦などについては「高い評価を伝えるのが今回の趣旨」と、話題にしなかったとしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス