文字サイズ

ライアン小川は右肘疲労骨折で全治未定 ヤクルトが発表

 ヤクルトは21日、小川泰弘投手(27)が右肘の疲労骨折と診断されたことを発表した。20日に横浜市内の病院で精密検査を受け判明。治療法は様子を見ながら判断するため、全治は未定という。

 小川は16日・広島戦(マツダスタジアム)に先発し、右肘の張りを訴えて4回4失点で降板。出場選手登録を抹消された翌17日は「張りは変わっていない。大事な部分なので慎重にならないといけない」と話していた。

 今季はリリーフも経験し、先発と併せて22試合に登板。8勝7敗で防御率は2・83だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス