文字サイズ

巨人107日ぶりの3位浮上、高橋監督「さらに先に進んでいけるように」

阪神に快勝し、ファンの声援に応える高橋監督=甲子園
1枚拡大

 「阪神2-7巨人」(13日・甲子園球場)

 巨人が完勝で、5月29日以来、107日ぶりとなる3位浮上を果たした。

 二回1死一、二塁から小林の左前適時打で先制。攻撃の手を緩めず、敵失などで得点を重ね、さらに1死一、二塁からはマギーの16号3ランも飛び出し、今季3度目の1イニング6得点で主導権を奪った。6月28日以来の登板となった先発・吉川光は、大量リードにも守られ6回無失点で移籍後初勝利をマークした。

 試合後にDeNAが敗れての3位浮上。高橋監督は「何とかそこ(DeNA)に追いつけ追い越せでやってきましたし。ただ、今日で結果が決まるわけではないですから。さらに先に進んでいけるように頑張りたい」と先を見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス