文字サイズ

U18日本、決勝進出逃す 清宮悔し…韓国戦4の0

三振に倒れた清宮 
1枚拡大

 「U-18W杯・2次リーグ、韓国6-3日本」(9日、サンダーベイ)

 初優勝を目指した日本は9日、2次リーグ最終戦で韓国に敗れて2勝3敗となり、決勝進出を逃した。主将の清宮幸太郎内野手(3年)は4打数無安打。5点差以内の勝利で決勝に進めた大一番で4番の務めを果たせず、悔しさをあらわにした。日本は10日の地元・カナダとの3位決定戦に回った。

 喜びに沸く韓国ナインに、清宮は無念のまなざしを向けた。届かなかった世界の頂点。「4番として、主将として、今日は何もできなかった。世界一を取るチャンスもなくなってしまい、本当に申し訳ない気持ち」と責任を一身に背負った。

 いきなり初回に3点を先制される苦しいスタート。二回に相手守備の乱れに乗じて同点としたが、直後に突き放された。打線が韓国投手陣を捉え切れない中、自身も遊ゴロ2つに左飛で反撃ムードを作れず。八回の最終打席ではボール球の変化球に手を出し、空振り三振に倒れた。

 前日はカナダに敗戦。落ち込む選手も多い中で「まだ終わったわけじゃない」と訴えかけた。2点を追うこの日の九回の攻撃前には円陣に全員を集めた。「また最後ひとつになって欲しいなと。この仲間で3週間やってきたすべてを出そうという話はしました」。2年前のW杯で先輩に引っ張られていた4番は、日の丸を背負う主将に成長していた。

 再び厚さを痛感した世界の壁。「打撃にしろ、投球にしろ、トータル的に力負けしている」と認め「負ける時は自分が何もできない時ばかり。自分が打てなきゃ負けるんだな」と悔しさを胸に刻み込んだ。この経験を無駄にはしない。いつの日か世界一をつかむため、新たなスタートを切る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス