文字サイズ

二松学舎大付、猛打14得点で3回戦へ 監督は謙遜「まぐれなところも…」分析生かす

2回1死二塁、右前へ先制適時打を放つ二松学舎・秋広=甲子園(撮影・石湯恒介)
2回二松学舎大付2死三塁、右中間に適時三塁打を放つ二松学舎大付・永野=甲子園(撮影・高部洋祐)
2回二松学舎大付1死二塁、右前に先制の適時打を放つ二松学舎大付・秋広。投手、明桜・佐藤=甲子園(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「全国高校野球選手権・2回戦、二松学舎大付14-2明桜」(13日、甲子園球場)

 強力打線の前評判が高い二松学舎大付(東東京)が明桜(秋田)を破り3回戦進出を決めた。

 二松学舎大付は二回1死二塁からの秋広涼太内野手(3年)が放った右前適時打などで3点を先制した。四回には2死三塁から永野志弥内野手(3年)の右前適時打で加点。五回にも相手の守備の乱れに乗じて1点を追加するなど、四回以降、毎回得点を重ねるそつがない攻撃を見せた。

 市原勝人監督は「まぐれなところもあるとは思いますが、初戦は硬くなってうまくいかないところをよく普通どおりやってできたと思います」とナインをたたえた。相手投手に変化球が多いという事前分析を生かし、「低めのチェンジアップを振らないように」という指示を出し、選手も中盤以降、結果に結びつけた。

 投げては先発の市川睦投手(3年)が8回1失点と役割を果たした。「市川がよく立ち上がり安定して投げてくれたので、野手も安心して攻撃に移れたと思う。市川につきると思う」と好投が猛打につながったことを強調していた。

 明桜は8点を追いかける六回に3番・児玉日々生内野手(3年)の三塁強襲の適時二塁打で1点を返した。九回には松本大輝内野手(3年)がソロ本塁打を放った。先発の佐藤光一投手(3年)は5回2/3を12安打8失点だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス