文字サイズ

ロッテ唐川が危険球退場 オリックス若月の顔面付近へ死球

3回、若月に与えた死球が危険球となり降板する唐川(撮影・金田祐二)
 オリックス戦に先発したロッテ・唐川=ZOZOマリン
2枚2枚

 「ロッテ-オリックス」(18日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテ・唐川侑己投手(28)が危険球による退場処分を受けた。

 三回2死まで3奪三振のパーフェクトピッチを続けていたが、若月健矢捕手(21)への2球目が左顔面付近に当たった。

 若月は打席に倒れ込み、そのまま動かなくなった。その場で応急処置が施され、担架でベンチ裏に運び込まれた。

 唐川は危険球の判定を受けて43球で降板した。自身にとって11年以来2度目。チームにとっては石川投手に続く2人目となった。

 若月は習志野市内の病院でCT検査などを受ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス