文字サイズ

緊迫!バレ、抜け玉にクレームで両軍ベンチから選手歩み出る

 10回、頭部付近の投球に怒るオランダのバレンティン。捕手モリーナ(共同)
 タイブレークの延長11回、1死満塁でスミスが二ゴロ併殺に倒れ、肩を落としてベンチに戻るオランダのバレンティン(右端)ら=ロサンゼルス(共同)
2枚2枚

 「WBC・準決勝、プエルトリコ-オランダ」(20日、ロサンゼルス)

 オランダのバレンティンがインハイの投球に対して物言いをつけ、乱闘寸前の異様なムードに球場が包まれた。

 3-3で突入した十回表、1死で打席に入ったバレンティンに対して、2ストライクからディアスが投じた3球目がインハイに抜けた。

 これに対して表情を変え、何事かマウンドのディアスに注文をつけた。両軍のベンチから選手が何人か歩み出て、スタジアム内を不穏な空気が包み込んだ。

 プエルトリコのモリーナ捕手が、バレンティンをなだめるなどしたため、乱闘は避けられた。結局、ディアスが外角低めに速球を決めてバレンティンは見逃し三振に倒れた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス