文字サイズ

WBCキューバ戦、視聴率は27・4% 接戦制し茶の間も熱狂

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、14日に行われた「日本対キューバ」戦の中継番組(TBS系)の関東地区平均視聴率が27・4%(関西28・9%)だったことが15日、わかった。

 TBS系の中継番組は18時15分から放送され、前半は13・7%(関西16・1%)。19時42分からの後半では27・4%という高視聴率をたたき出した。

 関西地区でネット中継したMBSによると、関西の瞬間最高視聴率は午後10時35分の37・3%。九回表2死走者なしの場面で日本の牧田投手が9番・メサに対して2ストライクを取ったシーンだったという。

 試合は日本がキューバを相手に前半こそ苦戦を強いられるも、同点で迎えた八回裏に、山田哲人の本塁打などで勝ち越し、8-5で勝利した。

 (数字はビデオリサーチ日報調べ)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス