文字サイズ

トヨタ自動車が初V!ドラフト候補・藤岡が準決勝V弾&決勝は好走塁と適時打

 「JABA東京大会・決勝、トヨタ自動車6-1Honda」(14日、神宮球場)

 昨年の都市対抗王者・トヨタ自動車が快勝し、初優勝を飾った。今秋ドラフト候補の藤岡裕大内野手(亜大)がバットと足で勝利に貢献した。

 両チーム無得点の七回無死から四球で出塁すると、バント失敗で1死一塁となった直後の初球に二盗に成功。好機を拡大すると、4番・樺沢の中前適時打で先制のホームイン。八回には左前適時打で2点目をたたき出し、一挙5点のビッグイニングを演出した。

 午前中に行われた東京ガスとの準決勝でも、1-1の同点で迎えた八回に決勝の右越えソロ。1番打者として、2試合連続でしっかりとチームの攻撃をけん引して優勝をもたらし「オフは盗塁を課題に練習してきた。(準決勝の決勝弾は)カーブを待っていて、思い切って振っていけた。いいスタートが切れました」と、笑顔がはじけた。

 亜大時代もドラフト候補に名を連ね、身体能力の高さは折り紙付き。DeNA・大久保スカウトは「あそこでスタートを切れるのは大したもの。肩も強いし、パワーもある。社会人野手ではトップクラス」と評価した。

 源田(西武3位)のプロ入りを受けて、今季から遊撃に挑戦中の藤岡。「都市対抗連覇を目指して勝っていく中で結果を残して、また上の世界に挑戦できれば」と、目標を口にした。

 また、大会MVPは決勝の1失点完投を含む2勝を挙げた佐竹功年投手(トヨタ自動車)が受賞。優勝したトヨタ自動車は、日本選手権の出場権を獲得した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス