文字サイズ

阪神の原口、今季は一塁メインで捕手では痛めた右肩不安

 阪神の矢野作戦兼バッテリーコーチは2日、正捕手争いに加わってきた原口について「メインとして一塁でやった方が打撃を生かせると思う」と話し、今季は主に一塁手として起用したい考えを示した。

 3日に25歳になる原口は昨季、育成から支配下登録されて11本塁打と飛躍。捕手で87試合に出場したが、終盤に痛めた右肩の状態が不安視されていた。2日のシートノックで一塁を守った原口は「両方準備して、やれることをやっていこうと思う」と前向きに話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス