文字サイズ

オリックス育成5位・中道 難病で入寮延期 安達も発症の潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎を患っていることが明らかになった中道勝士 
1枚拡大

 オリックスは7日、育成ドラフト5位・中道勝士捕手(22)=明大=が厚生労働省指定の難病「潰瘍性大腸炎」を患っていると発表した。現在、自宅療養中で、この日予定していた神戸市の選手寮「青濤館」への入寮も見送りに。約8週間の治療を要し、春季キャンプも不参加の方向だ。

 中道が症状を訴えたのは昨年12月中旬で、同21日に西宮市内の病院で検査。同26日に診断結果が出た。初期症状について長村球団本部長は「自覚症状がそこまでなく(体調が)普段よりよくない(程度)」と説明し、そこまで感じられるものではなかったという。

 同じオリックスでは安達が昨年1月に発症。4月2日の2軍・ソフトバンク戦で実戦に戻り同13日の日本ハム戦で1軍復帰した。この日、安達は自主トレで訪れた室内練習場で取材に応じ「不安はあると思うけど休養が大切」と助言を送った。

 球団は、トレーナーと担当医の連携や食事面などでバックアップする方針。中道は球団を通じ「(入寮できず)残念です。1日も早くチームに合流したい気持ちしかありません」とコメントした。11日の新人研修会には出席予定。まずは治療に専念し、早期のチーム合流を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス