文字サイズ

早実・清宮2発 相手捕手が思わずハイタッチ 右へ左へズドンズドン!

 6回、この日2本目の本塁打を放つ早実・清宮
1枚拡大

 超高校級スラッガーが今季最後の実戦で、東北の野球ファンのハートをわしづかみにした。早実が20日、福島・いわきグリーンスタジアムで磐城と2試合対戦。試合は1勝1敗だったが、清宮幸太郎主将(2年)は1試合目に左右に2発の本塁打を打ち分けた。

 早実の藁谷校長が磐城OBという縁で実現した、磐城野球部創部110周年の記念試合。甲子園9度出場の地元の古豪の試合とはいえ、スタンドは“清宮効果”で約7000人の野球ファンが詰めかけた。

 1発目は第1試合の三回2死二塁で回ってきた第2打席。あと1メートル高ければ場外という右翼席の外壁直撃の特大弾。あまりの驚愕(きょうがく)の一撃に相手の高橋捕手は、ホームインした清宮に思わずハイタッチの手を差し出してしまった。

 六回の第4打席は、外角ギリギリの直球を今度は左翼席に放り込んだ。「温かい声援が力になった。逆方向へ意識しながら打てたホームランは一つ成長したところかな」。今秋東京大会決勝の日大三戦で、左腕・桜井から5三振を喫した経験を生かした。1試合2発で高校通算78号。「冬は一番体力的にも成長できる時期。全体的にレベルアップしたい」。清宮はさらなる進化を誓い、福島を後にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス