文字サイズ

西武・ドラ1今井 ポスト岸を目指す 元エースとの投げ合い熱望

 西武からドラフト1位指名を受けた今井達也投手(18)=作新学院=が20日、海外FA権を行使して楽天に移籍した岸との投げ合いを熱望した。宇都宮市内のホテルで交渉し、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1300万円で入団に合意。未来のエース候補は元エースの前での快投を誓った。

 岸の楽天への移籍について、今井は「できれば西武で直接学びたかった」と残念がった。その夢は断たれたが、新たな目標ができた。「岸さんと投げあうことができれば、自分のすべてを出して、挑戦者の気持ちで投げたい」と決意した。

 岸のように今井も細身の右腕。「岸さんは質のいいボールをコーナーに投げ、直球を生かす変化球もトップレベル」。その理想の姿に少しでも近づくため「開幕1軍」と1年目から大目標を掲げた。

 「岸さんが移籍してチームとして戦力は落ちるかもしれないが、自分がエースと呼ばれる投手になりたい、と強く思った」。新旧エース対決の実現を思い描き、プロの扉を開く。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス