文字サイズ

履正社 豪華打撃投手を糧にドラフト候補左腕をコールド撃破

 一発を含む2安打2打点と打線をけん引した履正社・若林
1枚拡大

 「秋季高校野球大阪大会・4回戦、履正社8-1大体大浪商」(29日、舞洲ベースボールスタジアム)

 夏春連続出場を目指す履正社が、大体大浪商のドラフト候補左腕・宮本大勢投手(2年)を攻略し、5回戦へ進出した。対戦が決まった直後、新チームのために打撃投手を買って出たのが今秋ドラフト1位候補の寺島成輝投手(3年)と上位候補の山口裕次郎投手(3年)。豪華すぎる左腕2人との対戦を糧にした打線が、長打攻勢で8点を奪った。

 試合後、岡田龍生監督は「何とかコールド負けせんようにと言っていたんですが、ビックリです」と驚きの表情を浮かべた。初回、いきなり石田が先頭打者アーチを放つと、2死から来年ドラフト候補の4番・若林将平外野手(2年)もバックスクリーン右へたたき込んだ。

 さらにエース・竹田祐投手(2年)も左翼席へ貴重な追加点となる2ラン。以降は無安打に抑えられたが、八回に若林がダメ押しとなる左中間適時二塁打を放つなど、4本の長短打を集中させてコールドへと持ち込んだ。

 「寺島と山口が紅白戦とシート打撃で投げてくれたんで。その効果もあったんじゃないですかね」と明かした指揮官。3回戦を勝った翌日、新チームと3年生で紅白戦を行い、10月上旬の国体を控える寺島と山口がそろってマウンドに上がった。結果は寺島が4回0封、山口が3回パーフェクト。今秋のドラフトで注目候補になる2人に手も足も出せず、0-2で新チームは敗れた。

 さらに試合2日前には寺島が再びシート打撃に登板。全選手と対戦したことで、新チームはより高いレベルに視点を置くことができた。そしてこの日、大体大浪商の宮本と相まみえた若林は、「寺島さんのボールがすごかったので、遅く見えた」と証言。豪華すぎる“打撃投手”の効果もあり、同校史上初となる春、夏、秋の大阪大会制覇へ難敵を攻略した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス