文字サイズ

広島・野村 バント処理で左足痛め降板

 「中日-広島」(26日、ナゴヤドーム)

 広島の野村祐輔投手(27)が六回途中、負傷降板した。

 丸の同点弾が飛び出した直後の六回裏、2死一、三塁から荒木の三塁方向へのセーフティバントを処理(記録は安打)した際に左足を痛めた。

 勝ち越しを許した野村は治療のためベンチに退いたが、しばらくして緒方監督が投手交代を告げ、無念の降板となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス