文字サイズ

日本一長い始球式 柳沢慎吾の横浜高“甲子園優勝”寸劇でハマスタ大爆笑

 タレントの柳沢慎吾が14日、DeNA-広島戦が行われた横浜スタジアムで“日本一長い始球式”を行った。柳沢が横浜高対広陵高の決勝戦という設定を説明。打席には関根を配置し、投手役の飛雄馬が一塁にけん制悪送球する“寸劇”の後に登場して空振り三振に仕留めると、出場者を整列させて横浜高の校歌を歌って締めくくった。

 約9分間の始球式を終え、「ハマスタの夜は暑い。いい夢見ろよ。また会う日まであばよ!」と絶叫すると、スタンドは大爆笑に包まれた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス