文字サイズ

帝京4強ならず ドラフト候補・郡はプロ志望表明

 「高校野球東東京大会・準々決勝、城東7-6帝京」(24日、神宮球場)

 今秋ドラフト候補の帝京・郡拓也捕手(3年)が、奮闘も及ばず準々決勝で散った。先制弾を含む2安打2盗塁でチームをけん引したが逆転負け。「最後の試合で一発を打てたのはよかった」としつつ「甲子園に行けないと意味がない。悔しい」と唇をかんだ。

 初回は高校通算12号となる先制の左越え2ラン。三、七回には二盗を決めた。50メートル6秒0、遠投120メートルと能力は抜群。視察した日本ハム・岩舘スカウトは「肩と足がある。オールマイティーな捕手になれる素材」と評価した。

 涙を見せなかった郡は、プロ志望を表明。「捕手でもやっていきたいけど、どこでも守れる、足で動かせる選手になりたい」と誓った。かなわなかった甲子園の夢。次は最高峰の世界で飛躍を期す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス