文字サイズ

ヤクルトのオンドルセク退団 首脳陣への暴力的態度で自宅謹慎後、米へ帰国

ヤクルト退団が決まったオンドルセク
1枚拡大

 ヤクルトは21日、ローガン・オンドルセク投手(31)との契約を解除し、ウエーバー公示の手続きを取ったと発表した。

 オンドルセクは6月26日の中日戦で登板し味方の失策が絡んで失点し激高。首脳陣に対して暴力的な態度を取り、球団は事態を重く見た。翌日の27日に懲罰で出場選手登録を抹消し、自宅謹慎を命じていた。29日には球団幹部に謝罪。今月17日に家族を伴い米国に帰国していた。

 奥村国際グループ担当部長はこの日、オンドルセクの代理人から「正式に退団を申し入れてきた」と説明。オンドルセクは6月27日の出場選手登録抹消後、1、2軍ともに登板していないが、「球団としてはこの件は重く受け止めています」とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス