文字サイズ

PL学園11人で戦う“最後の夏”

 部員11人で臨むPL学園は東大阪大柏原と初戦を戦う
1枚拡大

 第98回全国高等学校野球選手権大阪大会の抽選会が24日、大阪市内で行われた。

 昨秋、今春に続き夏も強豪の東大阪大柏原と激突するPL学園。抽選を終えた梅田翔大主将(3年)は「今はどこが相手であろうと気を抜けないチーム状況。1回戦から全力で行く」と力を込める。

 春季大会以降、登録選手11人の中で投手に故障者が出たため、満足に練習試合を組むことが出来なかった。それでも伝統の追い込み練習を乗り越え、「目標は甲子園。PLに入った時から目標なので」と梅田。春の初戦敗退からレベルアップを果たしてきている。

 高校野球中継では必ず、PL学園の過去の勇姿が放送される。「桑田さん、清原さん、立浪さん。中学の時から憧れだった」と言う。だからこそ最後の夏へ「先輩たちが築き上げたものに泥を塗らないように」と一回でも多く、高校野球ファンに愛された校歌を球場に響かせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス