文字サイズ

東海大市原望洋・島5K締めV

 「春季高校野球千葉大会・決勝、東海大市原望洋6-5千葉黎明」(4日、千葉県天台)

 東海大市原望洋が3年ぶり3度目の優勝。今秋ドラフト候補のMAX153キロ右腕・島孝明投手(3年)が2回2/3を1失点、5奪三振で試合を締めた。

 九回に2安打を浴びて今大会初失点を喫したものの、直球は最速149キロを計測。DeNA・武居スカウトは「右打者の外角への糸を引くような球筋は、藤浪(阪神)みたいな角度」とうなった。

 春は4試合で8回16奪三振の“ドクターK”ぶり。左足首ねんざからの故障明けで投げ込みが不足し、実は右肩に違和感を抱えていた。「6~7割」という状態で結果を残し「三振の数は自信を持っていいのかな」と笑った島。21日開幕の関東大会(群馬)へ「今の力がどこまで通用するか試したい」と、意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス