文字サイズ

立正大・黒木1失点完投 7球団が視察

 「東都大学野球2部、立正大2-1青学大」(3日、神宮球場)

 今秋ドラフト上位候補の最速153キロ右腕、立正大・黒木優太投手(3年・橘学苑)が1失点完投勝利を挙げ、東都大学2部リーグの優勝に王手をかけた。

 初回にボールが浮くと、スライダーの曲がりを小さく修正。10安打を浴びても粘り「ベストではないが最低限、試合は作れた。勝てばいいので」と、うなずいた。直球は最速151キロで、九回でも149キロを連発。7球団のスカウトが視察し、阪神・和田SAは「直球が素晴らしい。体力もある」と称賛した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス