文字サイズ

虎スカウト 日生・小林「永川タイプ」

 「JABA京都大会・準決勝、三菱重工広島7-0日本生命」(2日、わかさスタジアム京都)

 今秋ドラフト候補の日本生命・小林慶祐投手(23・東京情報大)が、三菱重工広島戦にリリーフ登板した。3回1/3を3失点に終わったが、6球団のスカウトが視察する中で最速147キロを計測し、落差の大きいフォークを披露した。

 見守った阪神・熊野スカウトは「タイプ的に言えば広島の永川。フォークでカウントも空振りも取れる。直球のバラツキが無くなればもっと良くなる」と評した。通算165セーブの右腕と似た投球スタイル。それでも本人は「自分が勢いを止められなかった」とコールド負けを喫した責任を背負った。

 「かわしにいってしまった。もうちょっと真っすぐで押せればよかった」と唇を噛んだ小林。チームの都市対抗連覇へ、そしてプロへ-。さらなる成長を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス