文字サイズ

近大・畠が完全復活、10回0封14K

 「関西学生野球リーグ、近大0-0関大」(30日、南港中央)

 近大と関大はお互いに無得点のまま延長15回引き分けとなった。近大はドラフト候補のエース・畠世周投手(4年・近大福山)が、先発全員奪三振をマークするなど14奪三振で10回1安打無失点の好投。阪神スカウト陣が視察する中、完全復調した姿を見せた。

 開幕当初の苦しんだ姿はもう、なかった。圧倒的な投球で築いてみせた奪三振の山。畠が関大打線を初回先頭の1安打に封じ、10回までゼロを並べた。勝ち星こそつかなかったが、ドラフト上位候補が完全復調だ。

 初回、右前にポトリと落ちる安打を許し、1死二塁のピンチを招いたが、連続三振で切り抜けた。「いつも悪かったので」と課題の立ち上がりを克服すると、勢いに乗った。肘の位置を下げ、足の上げ方を変えた右腕の直球は最速147キロを何度も計測。先発全員奪三振は11年秋の近大・中後以来の快挙だ。

 この日は阪神、巨人、DeNAが視察。阪神・畑山アマ統括スカウト補佐は「しっかり投げれば、これくらい三振を取れる力がある」と高く評価していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス