文字サイズ

オコエ初盗塁のベースをオークションに

 3月26日の楽天-ソフトバンクで延長10回、二盗を決めるオコエ(右)
1枚拡大

 楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉外野手(18)=関東第一=の『お宝1号』が早くも出品だ。3月26日のソフトバンク戦(コボスタ宮城)でプロ初盗塁を決めた際の二塁ベースが、球団ホームページ上で3日の21時より約1週間、ネットオークションに出される。球団関係者が31日、「話題性のある選手なので一人でも多くの方に参加してほしい」と明らかにした。売上金はチャリティーに充てられる。

 初盗塁を決めた二塁ベースがオークションに出されることを知らされたオコエは「マジっすか!?自分が欲しいっす。(競り落として)リッキー・ヘンダーソン(メジャーの盗塁王)みたいにベースを掲げてみたい」と大興奮。そして、「今はまだ価値ないですよね。実績残したら、価値ありますよね」とさらなる飛躍を誓った。

 好評なら、初ヒットを飾ったバットやボールもオークションに出品されることは必至。1日からの西武3連戦でも、オコエの動向から目が離せない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス