文字サイズ

ヤクルト・山田 左足首に違和感

打撃練習で汗を流す山田
1枚拡大

 「ヤクルト春季キャンプ」(1日、浦添)

 ヤクルト・山田哲人内野手(23)が1日、キャンプ初日に左足首の違和感のためシャトルランを回避した。アップ、ティー打撃、フリー打撃、守備練習などのメニューはこなした。だが大事を取って首脳陣がストップをかけ、練習メニューを変更した。

 山田の状態について前日に報告を受けた真中監督は「あんまり万全じゃない。足の状態が良くない。心配するところじゃない」と大事には至っていないと説明。山田も「大丈夫です」と時折、笑顔も見せ軽症を強調した。

 この日は、今季から背負う“ミスタースワローズ”の象徴、背番号1をお披露目。「すごい重みのある番号。プレッシャーもかかると思う。それに負けないように頑張りたい」と意気込む。

 本来ならば史上初の2年連続トリプルスリー達成に向け、幸先の良いスタートを切りたかったが…。2日以降も様子を見ながら練習メニューを決めることになった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス