文字サイズ

虎ドラ6板山 Gドラ1桜井から幸運打

 「明治神宮大会・大学の部準々決勝、亜大2-1立命大」(15日、神宮球場)

 亜大が4強入りした。阪神にドラフト6位指名された亜大・板山祐太郎外野手(4年・成立学園)は、幸運な内野安打で出塁して先制のホームを踏み、巨人1位の立命大・桜井俊貴投手(4年・北須磨)との“TG前哨戦”を制した。

 そういう星の下に生まれているのか。板山が“持ってる男”ぶりを発揮して、難敵攻略の突破口になった。二回1死。完全に打ち取られた打球が、一塁ベースに当たって二塁内野安打に。次打者の適時二塁打で先制のホームを踏むと、思わずガッツポーズも出た。

 「やっぱりラッキーボーイだと思いました」。照れ笑いで振り返った一打は、普段からのプラス思考のたまものだ。今大会前のオープン戦で、一発を放つなど好調を実感。この日の試合には「今日はラッキーボーイだ」と、自己暗示をかけて臨んでいた。「結果が出なくても、そういう意識が切り替えにつながる」と明かした。

 今後のライバル、巨人ドラ1の桜井を相手に先手も取った。「自分より上で指名された人に負けたくない。次はきれいなヒットを打ちたい」と、対抗心を口にする。第2打席以降は空振り三振、右飛、犠打。この日の対戦は3打数1安打に終わったが、桜井は板山を「鋭いスイングで、どの球種にも対応していた」と認めた。

 阪神の中尾スカウトは「“持ってる”なあ。足と肩はある。あとは打撃に期待しているよ」と目を細めた。ただの幸運と呼ぶなかれ。板山は「それが得点につながった。勝つことがすべて。よかったです」と胸を張った。プロでは最も大事な勝利への執念を、この金の卵は持っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス