文字サイズ

神戸国際大付が敗退 センバツ絶望的

初登板した神戸国際大付・東郷=姫路
1枚拡大

 「高校野球、秋季兵庫大会3回戦、六甲アイランド6-2神戸国際大付」(22日、姫路ウインク球場)

 優勝候補の神戸国際大付が、過去県8強が最高の六甲アイランドに敗れる波乱。来春のセンバツ出場が絶望的となった。

 来年のドラフト候補として注目される最速143キロ左腕、東郷太亮投手(2年)が先発し、四回途中まで2安打、7奪三振ながら、失策や暴投が絡んで2失点。2番手の右腕平内も5回4失点と伏兵の相手打線を止められなかった。

 調整遅れからこの日が今秋の公式戦初登板となった東郷だが、この日最速は142キロ。持ち前のキレのある直球は見せた。ただ「コントロールがつけられなかった。思い切り放ると上ずってしまった」と反省。「気持ちを切り替えて冬の練習をしっかりやる。来年いい結果を出したい」と誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス