文字サイズ

楽天 星野氏を“野球全権”副会長に

 楽天は8日、星野仙一氏(68)が7日の臨時株主総会を経て、シニアアドバイザーから正式に球団取締役副会長に就任したことを発表した。今後はチーム関連業務の総責任者として、低迷するチームの再建を図る。

 この日、立花陽三球団社長(44)が会見。「副会長」という役職について「野球に関する最高責任者。経営にも参加していただく」と説明。現在もフロントの組織改編へ向けた協議を続けており「彼の必要な組織をつくっていく」とした。

 チームは浮上の兆しが見られず、大久保監督は今季限りでの辞意を表明。今後はドラフトや新外国人調査はもちろん、新監督選びが喫緊の仕事となる。同社長は「基本的には星野さんの意向を中心に考える」と一任する考えを示した。

 星野副会長はこの日、姿を見せなかったが、周囲には「来年は任せとけ」と並々ならぬ意欲を示しているという。球団側は1年単位でなく中長期にわたりチーム改革を任せる意向で、“星野イズム”が隅々まで行き渡ることになる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス