文字サイズ

驚速オコエ!投手強襲二塁打で逆転口火

 2回、オコエは投手強襲二塁打で同点のチャンスをつくる(撮影・山口登)
1枚拡大

 「U-18W杯・スーパーラウンド、日本5-2カナダ」(3日、舞洲)

 スーパーラウンドが始まり、A組1位の日本はB組3位のカナダと対戦した。関東第一・オコエ瑠偉外野手(3年)が二回、投手強襲の安打を二塁打にする好走塁を見せ、三回には中前へ2点適時打と力を発揮。日本は1次ラウンドの成績と合わせて3勝となり、4日の韓国戦に勝てば1位が確定し6日の決勝へ進む。

 オコエの激走が流れを変えた。並の選手なら投手強襲安打で終わっていたかもしれない。それを瞬時の判断力と驚速で二塁打に変え、逆転を呼び込んだ。

 場面は1点を先制された直後の二回だった。今大会6試合目にして初めて相手にリードを許した展開。カウント2-2からツーシームをたたきつけると、打球は投手のグラブをはじいた。打球は一、二塁間へ転がり、二塁手が飛びついたが及ばなかった。

 「ライトがカバーに来てなくて、セカンドも追わなかったので」。オコエは一気に二塁を陥れた。その後、1死三塁となり、郡司の遊ゴロで生還。続く三回には1点を勝ち越しなおも2死二、三塁から中前2点打を放ち、貴重な追加点をたたき出した。

 「実はいいアドバイスをもらったんで」と満面の笑みで明かすオコエ。期間中、宿舎で豪州の通訳を務める日本人男性から「『背の高い選手は打席で背中が丸まりがち。胸を張ると視界が広がるよ』って。状況とか守備位置とか変化球が見えるようになった」と言う。

 いいと思ったものをすぐ実践する行動力、積極性-。それが超人的なプレーの源になっている。4日の韓国戦で勝利すれば決勝進出が決まるが「とにかく一戦一戦です」と表情を引き締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス