文字サイズ

清宮衝撃再び!大学No.1投手撃った

 「壮行試合、大学日本代表9-2高校日本代表」(26日、甲子園)

 怪物ルーキーが大学No.1投手も撃破した。U-18ワールドカップ(28日開幕、甲子園など)に出場する高校日本代表が26日、甲子園球場で大学日本代表との壮行試合を行い、「4番・DH」で先発した早実・清宮幸太郎内野手(1年)が創価大の最速156キロ右腕・田中正義投手(3年)から初回に中前適時打を放った。来秋ドラフトの目玉を相手に快音を響かせ、初の世界一へ弾みをつけた。

 怪物ルーキーはどこまで進化していくのか。初めて体感したはずのボールを、清宮は見事にはじき返した。適時打を放った相手は、大学No.1右腕。「今まで経験したことがない伸びとキレがあった。『速い』としか感じるヒマがなかった。いい所に飛んでくれました」と、頬を緩めた。

 2点を先制された直後の初回の攻撃で、いきなり見せ場がやってきた。2死三塁で、マウンドには最速156キロ右腕・田中。初球の153キロをファウル。2球目の151キロを見極めたカウント1-1から、内寄りの148キロを捉えた。観客がどよめくほどの直球を、中前に運んだ16歳の打撃に、今度はため息と拍手が起こった。

 4番抜てきに応えた。「少しビックリしたけど、燃えるというか、逆に吹っ切れた。打線を引っ張ってやるぞという気持ちがともった」。強打だけでない。第2、第3打席では四球を選び、選球眼の良さもアピールした。

 試合前、同じジムに通う大学日本代表の横尾からバットをもらった。しなりの少ないタイプで、打撃練習で好感触を得ると試合でも使用。「パワーをいただいた。(一塁上で横尾に)『バットいいだろ』と言っていただきました」と笑った。

 甲子園で2戦連発の次は、大学No.1投手撃ち。夢は膨らむ。試合前には、父・克幸氏と旧知の仲で、視察に訪れた楽天・星野仙一SA(68)とベンチ裏でバッタリ。笑顔であいさつする清宮の頭をなでて「ケガだけはするなよ!」と激励した星野SAは「ああいうのを育てなアカンのや」と、球界待望の和製大砲誕生を期待した。

 ワールドカップへ、これ以上ない弾みをつける一撃。「今日の経験を生かして、世界一になれれば」。初の世界一を狙う高校JAPAN。その中心には清宮がいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス