文字サイズ

純平、次の舞台はプロ!志望届を提出へ

 「高校野球・岐阜大会準決勝、斐太4-3県岐阜商」(24日、長良川)

 阪神がドラフト1位の最有力候補に挙げる県岐阜商・高橋純平投手(3年)が、今後の進路をプロに絞っていることが24日までに分かった。プロ志望届を提出する予定で、今秋ドラフトの目玉候補に複数球団が1位で競合することになりそうだ。

 チームはこの日、斐太に敗れ、春夏連続出場を逃した。高橋は登板しなかったが、4球団のスカウトが視察し、阪神・熊野スカウトはブルペンで投球練習する様子を見ながら「準々決勝のときよりはだいぶ良くなっている」と目を細めた。本人は「次のステップへ体のケアをしっかりしたい」と語り、まずは痛めている左太もも裏の完治を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス