文字サイズ

須磨翔風・才木9K星 まるで藤浪や

 「高校野球・兵庫大会4回戦、須磨翔風6-4三田松聖」(23日、ほっと)

 須磨翔風が昨夏準Vの三田松聖を6-4で退け、5回戦へ駒を進めた。阪神・藤浪をほうふつとさせる身長186センチの長身右腕・才木浩人投手(2年)が、10安打を浴びながらも9三振を奪う粘り強い投球。プロ4球団のスカウトも来年のドラフト候補として高い評価を下した。

 長いリーチをうまく使うフォームは、阪神・藤浪をほうふつとさせた。もちろん実力的には高校時代の藤浪と比較するレベルには至らない。それでも昨夏準V校を相手に4失点ながら完投した2年生右腕の才木。ネット裏で見守ったプロ4球団のスカウトは確かな可能性を感じ取った。

 「あの身長で長いリーチを上手に使っている。球速よりもボールが速く見える」と阪神・熊野スカウトが言えば、オリックス・谷口スカウトも「最速は138キロだけど初速と終速の差がない。楽しみな投手」と評した。

 立ち上がりからキレのある直球で、相手打線に長打を許さなかった。「前の登板で高めに浮いて痛打されたので、力を抑えて低めに集めることを意識した」とMAX143キロの直球を意識的に抑え、制球を重視した。

 4点リードの七回こそ「慎重になりすぎた」と連打を浴びて追いつかれたが、終盤の八回、勝ち越して迎えた九回を無失点に抑えた。「次はきょうの反省を生かして抑えたい」と言う。

 身長は186センチからまだ伸びており、そのフォームから「阪神の藤浪とよく言われます」と言う。手首から指先まで27センチと規格外の右手を持つ才木。公立校を引っ張る未完成の大器が注目を浴びる日は、そう遠くはなさそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス