文字サイズ

球児 阪神蹴った!古巣より故郷を選択

 米大リーグのレンジャーズを自由契約となった藤川球児投手(34)が1日、自身の公式ブログで、四国アイランドリーグplus(四国ILp)の高知ファイティングドッグスに入団することを発表した。古巣の阪神も獲得に動いたものの、藤川自身が「必要とされている場所でのプレー」を考えた結果、故郷でのプレーを選択した。

 心から求められる場所で投げたい。そして夢を届けたい。新天地に注目が集まっていた藤川が、決断を下した。再スタートの場所は、古巣ではなく故郷。四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスへの入団を発表した。

 藤川はこの日午後3時に自身の公式ブログを更新。高知からも入団が発表されたが、ブログ上で、レンジャーズ退団後に別のメジャー球団からオファーを受けたことや、ここまでの経緯を記した。

 その中で、決断の理由の一つとして明かしたのが「必要とされる場所で投げたい」という思いだった。こだわったのは、年俸などの条件面ではない。だからこそ高知を選び、逆に阪神は断りの連絡を受ける結果となった。

 「今朝、本人から連絡がありまして、入団する合意になりませんでした。個人的に残念です」と高野球団本部長。阪神は藤川がレンジャーズから自由契約となった段階で、代理人の団野村氏に接触。その後藤川が帰国すると、獲得への方針を固め、高野本部長が「オファーは出しました」と極秘で直接交渉を行っていた。

 提示した条件は、高知よりもはるかに上だったと予想される。それでも復帰が実現せずに獲得失敗となったのは、藤川の「男気」だけが理由ではない。今後、再び藤川の獲得に動く可能性を問われた高野本部長は「ゆっくり考えます」と話すにとどめたが、今はまだ現実的ではない。

 坂井オーナーは、獲得失敗の報告を受けた上で電鉄本社で対応。「残念ですけどね。なかなか真意が伝わらなかった気がします」と振り返った。獲得できれば、中継ぎの不安を解消する起爆剤にもなりえたが、願いはかなわなかった。

 藤川はブログで「僕と妻の生まれ故郷の高知で、未来のスーパースターになるチャンスを持った子供達に僕が投げる姿を見てもらって今後の夢に繋げて貰いたい!」と思いを記している。揺るがぬ信念と共に、新たな道を突き進んでいく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス