文字サイズ

西武・大阪桐蔭トリオが田中を粉砕

 1回、中越えに2点適時二塁打を放つ森
1枚拡大

 「ロッテ0-7西武」(29日、QVC)

 西武が誇る大阪桐蔭トリオが「京大くん」にプロの洗礼を浴びせた。初回、連続四球で無死一、二塁。この好機で、浅村が中前へ先制打。中村が「相手を助けてはいけない」と左中間への適時二塁打で続き、森が中堅フェンス直撃の特大二塁打で2人を迎え入れた。

 「(田中は)ボールが続いていたので緊張していたのかなと。食らいついて打てた」。19歳ながらプロでは1年先輩の森は冷静にマウンドの超高学歴右腕を観察し、自慢のフルスイングで粉砕した。

 この日は宿舎で田中のオープン戦や2軍戦の映像をチェックした。制球の不安定さを突くために、ボール球に手を出さないことを徹底。「みんながしっかり選んでくれた」。田辺監督もチーム一丸の勝利に会心の笑みだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス