文字サイズ

早実・清宮ジュニアは“ゴジラ級衝撃”

 「高校野球・春季東京大会4回戦、早実11-2早大学院」(12日、八王子市民)

 ゴジラ級の衝撃だ-。早実・清宮幸太郎内野手(1年)が早大学院との春季都大会4回戦に「3番・一塁」でフル出場し、先制の適時二塁打を含む3安打1打点でコールド勝ちに貢献した。ラグビートップリーグ、ヤマハ発動機の清宮克幸監督(47)を父に持つ大物ルーキーは、決勝打を放った9日のデビュー戦に続く活躍で、底知れぬ実力をアピールした。

 15歳の大砲は、紛れもない“本物”だ。いきなりのチャンスで、清宮がまた打った。初回1死二塁。直球を捉えた打球が、一塁線を鋭く破る。先制の適時二塁打を放つと、塁上で両手をバーンとたたき合わせた。この回、一挙6点猛攻の火付け役となった。

 「この前は打てなかったので何としても貢献しようと。真っすぐを張っていた」。初戦の駒大高戦は1安打。高校初安打が決勝打でも、満足していなかった。三回は2死一、二塁から一塁手のグラブをはじく右前打。五回は変化球に対応して右前打。得点した全イニングで快音を連ねた。

 修正が実った。初戦は力んだことを反省し、前夜に2月の練習映像を確認。父からよく指摘される、左膝が折れる悪癖が出ないように意識することで柔らかい腕の使い方を思い出した。その父が2試合続けて客席から見守る前で、すぐに結果を出した。それでも「納得はいきません。納得のいくのはホームラン。やっぱりダメですね」と、どこまでもどん欲だ。

 入学からまだ1週間足らず。ネット裏のスカウトも衝撃を受けた。中日・中田スカウト部長は「まず体が違う。持って生まれたもの。松井秀喜(元ヤンキース)が1年生で出てきた時を思い出した」とゴジラ級の逸材だと驚嘆。清宮は「バットの返し方とかを参考にさせてもらっている」と松井秀喜氏の打撃フォームを参考に、日々努力を重ねている背景を明かした。

 プロ注目の4番・加藤も一発を含む4安打。スーパールーキーの波及効果に、和泉実監督(53)は「存在はチームの力になっている」とニコニコ顔だ。「外国人みたいな打ち方。今まであんなに打球が上がる子はいない」と、能力の高さに太鼓判を押した。

 この日のスタンドは、約3300人の観衆で満員。すでに全国区の注目を浴びるが、清宮は「これからこういう環境でやっていかなきゃいけない人間だと思っているので大丈夫です」と、カメラの放列の前で言い切った。まだ高校野球生活は始まったばかり。184センチ、97キロの体に負けない、デッカイ伝説をつくっていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス