文字サイズ

G相川“2つの思い”抱いて再出発!

 子どもらに投げ方の指導を行う相川
1枚拡大

 ヤクルトからFA宣言し、巨人入団が決まった相川亮二捕手(38)が7日、静岡県裾野市で行われた野球教室に参加。8日に行われる入団会見に向け、「2つの思い」を抱いての再出発を明かした。

 まずは背番号「23」にこだわったわけ。「第1希望は23番でした。母親の誕生日が23日だったので」。2012年に他界した母・蘭子さんの誕生日が7月23日だったことから「23」に決めた。

 さらに「そった記憶がない」と語るほど、これまで生やしていたひげを全てそる。「そこは規律を守ってやっていきたい」と、身も心も巨人軍の一員になるつもりだ。

 この日はこれまでの同僚だったヤクルト・武内と、地元の少年野球チームの子供たちに、キャッチボールや打撃など約3時間指導した。子供たちの元気も力に入団会見に臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス